指定した秒数でムービークリップの動きを制御する

WEB戦略

Flash

2011.11.23

指定した秒数でムービークリップの動きを制御する

//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
//秒数を指定して処理する方法
//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
//以下の記述を追記する
//↓
function MyFunc(){

    // ムービークリップをx方向に移動
    //_root.staff._x += 1;

    // p0のラベルにタイムラインを移動
    gotoAndPlay("p0");
    

// 画面を更新
    updateAfterEvent();
           
}

//Flashの1フレームレートは 約 1 秒 = 1000 ミリ秒
//つまり10000なら10秒
setInterval(MyFunc , 30000);



 //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 //設定した時間隔呼び出しを解除する方法
 //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
//以下の記述を追記する
//↓
 function MyFunc(){
   
}

// 番号を保存
var intervalID = setInterval(MyFunc , 100);



//以下の記述を解除したいフレームにする記述する
//↓
// 解除
//clearInterval( intervalID );

このエントリーをはてなブックマークに追加

Page_Up