コーポレートアイデンティティ(Corporate Identity 略称:CI)

WEB戦略

コーポレートアイデンティティ:CI

2011.11.23

コーポレートアイデンティティ(Corporate Identity 略称:CI)

***************************************************************************
コーポレートアイデンティティ(Corporate Identity 略称:CI)
***************************************************************************

企業がもつ特徴や理念を体系的に整理し、簡潔に表したもの。

一般顧客からみて企業を識別できるような、その企業に特有のもの。

また、これを外部に公開することでその企業の存在を広く認知させるマーケティング手法のこと。

--------------------------------------------------------
コーポレートアイデンティティの基本要素は以下の3つである。
--------------------------------------------------------
社名、ブランド名
 企業やブランドを他のものと区別できる名前。通常は登記社名や商標である。

社章、ブランドのロゴ
 企業やブランドを他のものと区別できるシンボルマーク、デザイン化した文字列。

コーポレートコピー
 企業のキャッチコピー。経営理念を表す簡潔な言葉。企業スローガンのような長期的なものと、毎年変わるような短期的なものがある。


※「CI」には以下の3つの要素がある


***************************************
ビジュアル・アイデンティティ(VI)
***************************************
「ビジュアル・アイデンティティ」とは、ロゴマークなどのデザインを、
決められた使用ルールで様々な広告物や印刷物に展開し、
顧客・取引先・求職者・社会に対して視覚的統一性のあるブランド訴求を行うことを言います。

一般的にCIといった時これを言う事が多い
 ※外部からは内部の事情まではわかりずらいので表面的に判断することが多いため

***************************************
マインド・アイデンティティ(MI)がある
***************************************
企業理念や企業の方向性、考え方、ビジョンの統一化を図ること。

***************************************
ビヘイビア・アイデンティティ(BI)がある
***************************************
そこで働く人たちの行動・振る舞い・発言の統一化、つまりサービス・技術・商品の均質化を図ることです。




******************************************************************************
「MI」も「BI」も「VI」の共通の目的
******************************************************************************
最終的には「企業価値のブランド化」のため、「商品価値のブランド化」のために行う経営戦略の一つ


このエントリーをはてなブックマークに追加

Page_Up